ゆとり世代の貯金ブログ

ゆとり世代の一軒家獲得ブログ

地方暮らしの女(20代、既婚)が庭付き一戸建てを立てるために貯金するブログ

契約完了

f:id:akimat:20170726172017j:plain


こんにちは、akimatです。


本ブログを放置してはや半年が経過しました。紆余曲折あって、ついに土地と新築一戸建ての契約が先日完了しました。


この半年、なにがあったかをまずは時系列で

・ブログ更新に飽きる

・新幹線通勤に嫌気がさす

・仕事が苦痛

・転勤を前提とした会社で異動を拒み続けて働き続けることができるのか(いや、できないだろう、じゃあ新幹線通勤ずっとできるのか、いやできないだろう)と悩む

・悩み続けても仕方ないと決断

・年度末退社に向けて転職活動開始

・年度末退社はやめてくれ、せめてあと3ヶ月後にしてくれと直属の上司から言われる(3ヶ月後は私の上司の異動月、つまり自分がいる間に人が抜けては困るからというのが理由の模様

・年度末退社は断念

・6末退社に向けて活動開始

・転職先が決まるも、そこにするべきか決めきれず、ギリギリまで転職活動を実施

・6末退社

・いつまでも転職活動を続け、年月だけが過ぎていくことを恐れ、既に決まっている会社に行くことを決める

・7月入社


ここまではよくある結婚後の悩みとその解決の道のり。

あっさり書いたけど、せっかく勉強してよい大学に入って大企業に就職できて、勉強してきた甲斐があったなと思った矢先に、辞めるってどうなのよ、とかなり悩んだが、そこは今回は割愛する。


そして、先日、転職先も決まって転勤のない会社で働くことにしたんだし、そろそろ家について本格的に考えるかと思い、ハウスメーカーの土地フェアに行ったところ、思いがけず、立地、価格、条件の悪くない土地に出会ってしまったのです。


そこは既に先約ありの土地で、その人たちの結果が一週間後に出るからと、持ち帰りで考えたけど、金額的な制約からもともと建てようと思っていたところよりも遥かによい場所に、思っていたよりも安い価格で売り出されていたその土地を逃したら、不便で高い土地を今後選ばざるを得ないかもしれないと思い、一週間という短い期間で購入を決断したのでした。


建築条件付きだけど、そのメーカーはモデルハウス巡りでなかなかよいなぁと思っていたところだったので文句なしでした。